手付による基板実装のメリット

category01

自動機が発達することで、手実装ができる職人による基板実装が少なくなりましたが、手実装でないと困ることもあります。

それは数枚程度しか製造しない試作品の基板実装の時です。

自動機は大量に基板実装する時にはコスト削減につながりますが、自動機の場合、メタルマスクの作成などの初期費用がかかるため、数枚程度ではコストが高くなることがあります。



試作品はいろいろな問題が発生することがあるので、短納期で臨機応変に対応してくれる手実装の方がメリットがあります。
例えば、回路設計で間違いがあり、試作品を製造してしまった場合、手実装ができる職人がいると、基板の改造に対応してもらうことができます。

NAVERまとめ情報はこちらに集まります。

一般的に自動機で基板実装する場合には実装する電子部品はリールでないといけません。試作品の電子部品ではサンプル品を使うことがあります。サンプル品はリールではなく、バラになることがあります。

バラの電子部品を実装するのは手実装の方が効率的といえます。

手実装は臨機応変に対応してくれるので、とても便利といえますが、自動機では実装できないような基板設計をしてしまうと、最終的に量産品となる場合に、製造コストが高くなるので注意しなければいけません。量産のための基板設計をするには、認識マーク、ランドの最小ピッチ、基板の端から何ミリまで実装できないかなどの仕様を理解しなければいけません。

それらの仕様は基板実装業者から手に入れることができます。



驚く情報

category02

電子機器の量産に重要な影響を与えるのが基板実装です。基板は、導電体と絶縁体から構成される板状のプリント基板に電子部品を配置したものです。...

subpage

技術の情報まとめ

category02

制御盤は、加工機や包装機などの機械に取り付け機械の動きを電力で制御する役割を果たしています。いわば、機械の司令塔と言えるでしょう。...

subpage

納得の情報

category03

制御盤とは工場等の機械装置や電気装置の運転を制御する為に使われています。この中には各種の制御機器類が取り付けられており、工場のオペレーターの操作により装置が運転、停止しています。...

subpage

知っておきたい常識

category04

制御盤とは機械や生産ラインを制御及び操作するための各種電気機器を収めた物を表す言葉です。その前面にはメーターやスイッチ、タッチパネルなどがあるので、これらをチェックし操作することで調整が可能となっています。...

subpage